好評 発売中 
金春安明著「金春の能〈上〉中世を汲む」

世阿弥の「風姿花伝」に、「翁」は聖徳太子が作り、金春家の祖・秦河勝に伝えられた、とあります。その「翁」に始まる正統を脈々と受け継ぐ80世金春安明が、中世を今に伝える下掛(しもがかり)能・金春流の魅力を広く知っていただくために、各曲目の特徴をわかりやすく解説します。第一線の演者みずからが中世のスピリットを浮かびあがらせ、現代の能をさらに豊かに享受するためのガイドです。能を見る。演じる(謡う。舞う)。調べる。考える。シテ方金春流80世金春安明による金春流の集大成、すべてがいまここに。2017年3月31日、ついに刊行!好評発売中  お申し込みは下記までどうぞ。なお全国の大型書店などでも絶賛発売中です。

金春流80世 金春安明著

「金春の能〈上〉中世を汲む」

本体3500円 
A5判 上製 320頁 
装丁=鈴木一誌 
発行:公益社団法人 金春円満井会 
発売:新宿書房

主な内容

■まえがきにかえて

 南都両神事能から見た古都の虚実

 

1.能の歴史

■「翁」

■興福寺薪能と春日若宮おんまつり

■江戸時代の大衆の能

■40年来の思い出

 

2.現行曲目の解説[上]50音順61曲(あ行~か行)

 藍染川、葵上、阿漕、芦刈、安宅、敦盛、海人 、嵐山、蟻通、淡路

 生田、一角仙人、井筒、岩船

 鵜飼、浮舟、雨月、歌占、善知鳥、采女、鵜祭、梅枝、雲林院  

 江口、箙

 老松、大江山、翁、小塩、大原御幸、伯母捨、女郎花

 杜若、景清、花月、柏崎、春日竜神、葛城、鉄輪、兼平、加茂、通小町、邯鄲

 砧、清経、金札

 国栖、熊坂、鞍馬天狗、車僧、呉服、黒塚 

 源氏供養、絃上、源太夫

 恋重荷、項羽、小鍛冶、小督、小袖曽我、胡蝶 

 

3.温故知新

■幻の太閤能「この花」

■番外曲いろいろ

■永正3年本「玄上」は明和頃の書写か

お詫びと訂正

〈車僧〉のアイ狂言、溝越天狗のルビが、「みぞこえ」たるべきを、「みぞごえ」と誤濁しておりました。正しくは「みぞこえ」です。お詫びして訂正いたします。

他言語での閲覧について

  • 言語を選んで、概要の理解にご利用ください▼アラビア語/イタリア語/スペイン語/ドイツ語/フランス語/ポルトガル語/ロシア語/英語/韓国語/中国語(簡体)
金春会定期能
2021年
10月03日(日)12:30開演
「小鍛冶」中村昌弘
「浮 舟」辻井八郎
「融」  櫻間右陣
 
円満井会定例能
2021年
9月25日(土)12:30開演
「巴」   中野由佳子
「富士太鼓」村岡聖美
「阿  漕」本田布由樹

矢来能楽堂

金春流の特別行事

薪御能
2021年5月 興福寺/春日大社
21日(金)薪御能 11:00~春日大社舞殿「翁 十二月往来」金春憲和
22日(土)薪御能 11:30~春日大社若宮社 「野守」金春穂高 17:30~興福寺南大門跡「葛城」金春安明
大宮薪能
2021年 第40回記念
6月12日~無観客 無料動画配信 大宮氷川神社
轍の会
2021年7月4日(日)
13:30~国立能楽堂 
「遊行柳」本田光洋
「通小町」櫻間金記
座・SQUARE
2021年7月19日(月)
17:30~国立能楽堂
「夕顔」井上貴覚
「大会」山井綱雄
金春祭り
2021年8月7日(土)18:00~
能楽金春祭り 銀座金春通り
路上奉納能 弓矢立合ほか
鎌倉薪能
2021年10月
8日(金)鎌倉宮境内 鎌倉・大塔宮
9日(土)
春日若宮おん祭り
2021年12月17日(金)・18日(土)
春日若宮御祭礼式能
奈良市春日大社
弓矢立合、神楽式ほか